ワインとチョコレートのマリアージュを、

楽しんでみませんか?

 

ワインと相性の良いチョコは、

高級チョコだけではありません。

 

スーパーやコンビニで買える安いのに美味しい、

コストパフォーマンスの高いチョコと、

ワインを組み合わせる事で、

どんなマリアージュを楽しめるのか、

気になる方も多いはず。

スポンサーリンク

2015年には日本でのワインの消費量が、

過去最高の増加量を記録しました。

 

1998年のワインブーム以来、

第7次ワインブームと呼ばれる程、

ワイン消費量の増加を記録している現状を見れば、

ワインを飲む消費者の舌はこれから更に、

肥えて行くでしょう。

 

コスパの高いワインが製造される事で、

安いワインから高級ワインへと、

段階を踏んで楽しめる様になっているのは、

ワイン好きにとって嬉しい現象ですね。

 

わざわざ高いワインと高級チョコを、

買わなくてもワインと合うチョコレートは、

沢山あります!

 

今回はワインと合うチョコレート19種類を紹介!

ミルクチョコビターチョコと合うワインも紹介。

ワインと合うチョコレート
ミルクチョコレートと合うワイン

参照元https://stat.ameba.jp/

まずはミルクチョコに合うワインです。

 

市販のチョコの中でも、

おそらく一番人気が高く口にされる事も、

多いチョコがミルクチョコでしょう。

 

甘みが強く厚みのある味と、

苦味が穏やかに感じられるミルクチョコは、

酒精強化ワインとの相性が良好です。

 

具体的にはシェリーやバニュルスと言った、

酒精強化ワインとミルクチョコは、

相性がピッタリ!!

 

まずはミルクチョコに合うシェリーを、

紹介して行きましょう。

 

 

ミルクチョコレート×シェリー

参照元http://blog.miil.me/

ミルクチョコと相性の良いシェリー、

エミリオ ルスタウ モスカテル デ チピオナ は、

マスカットから作られた甘口シェリー。

 

モスカテル デ・チピオナは、

辛口が定番とされるシェリーの中でも、

珍しい甘口のシェリー。

 

甘露飴の香りとも評されたり、

紅茶と甘いマスカットの香りも感じられる、

エレガントなシェリーです。

 

マスカット種から作られた甘口シェリーなので、

ミルクチョコと一緒に味わえば、

チョコに芳醇な酸味を加えてくれます。

 

バレンタインにミルクチョコと、

シェリーを一緒に楽しむなら、

ボトル1本が空になるまで、

色んな種類のミルクチョコとの、

マリアージュが楽しめそうですね。

 

 

ミルクチョコレート(ドゥバイヨル)×バニュルス

参照元https://shigotonadeshiko.jp/

シェリーはスペイン産酒精強化ワインですが、

これから紹介するバニュルスは、

フランス産酒精強化ワインとして有名です。

 

南仏産甘口ワインとして知られるバニュルスと、

甘口なミルクチョコとの甘々な組み合わせは、

結構評判が良い組み合わせで知れ渡っています。

 

そして意外にもバニュルスと、

チョコは相性が良いと言う事も、

ワイン通の間では知られています。

 

ミルクチョコとはもちろん、

ビターチョコやフランス発祥のチョコ、

ドゥバイヨルのチョコとも好相性!

 

バニュルスとミルクチョコを組み合わせば、

文字通りチョコとワインの完璧な、

マリアージュを楽しめます。

 

 

ミルクチョコレート(コートドール)×
コノスル カベルネソーヴィニヨン ヴァラエタル

ベルギーのチョコブランド、

コートドールのシリーズ タブレット・ミルクと合うのは、

コストパフォーマンスの高さで高評価を得ている、

赤ワインコノスル カベルネソーヴィニヨン ヴァラエタルです。

 

低価格なのに樽が効いた、

ヘヴィな口当たりが人気な、

コノスルの赤ワイン。

 

日常に飲むワインとして常飲したいと言う、

ワイン好きの声も上がってるので、

コートドールのタブレットミルクと、

組み合わせて食後のデザートを満喫するのも、

楽しいですね。

 

 

オランジェットと合うワイン

参照元http://www.gateau-des-bois.com/

オレンジピールにチョコがコーティングされ、

柑橘系のフレーバーが個性的な印象を、

表現するオランジェット。

 

そんなオランジェットと相性が良い、

ワインは白ワインです。

 

スッキリと爽やかな甘みを感じる白ワインは、

後味も良くオランジェットの味を、

壊す事なく引き立ててくれるでしょう。

 

 

オランジェット×マリー・ルイズ・パリゾシャブリ

チョコは好きでもオランジェットを始めとする、

果実系チョコの人気はビターチョコや、

プラリネ入りのチョコに比べると少し劣り気味です。

 

カカオの風味を存分にチョコから感じたい、

そんな方からすればオランジェットより、

カカオ純度の高いチョコを選ぶのは当然ですよね。

 

ただ、ベルギー発祥の伝統ブランド、

レオニダスのオランジェットは、

日頃オランジェットを避けがちな、

チョコ好きの方にもおすすめです。

 

そんな柑橘系の爽やかさとビターなチョコが、

上手くマッチングしたオランジェットには、

白ワインがおすすめです。

 

ブルゴーニュ産白ワイン、

マリー・ルイズ・パリゾシャブリは、

キレの良い味と豊かな果実味が、

見事に調和しているので、

オランジェットのような個性の強い、

チョコとも相性良くマリアージュが、

楽しめるワインです。

 

 

オランジェット×アレアティコ

参照元http://blog.enoteca.co.jp/

オランジェットはベースになっている、

オレンジピールは砂糖漬けされた状態で、

チョコがコーティングされます。

 

既に砂糖漬けされて甘々になった、

オレンジピールをチョコでコーティングし、

オレンジピールへと完成させていくのが、

オランジェットが作られるプロセスですね。

 

ビターチョコでコーティングされた、

オランジェットの方がワインとの相性は、

甘いチョコでコーティングされたオランジェットより、

良いと言えるでしょう。

 

ただ、

アレアティコのような甘口のデザートワインとも、

オランジェットの相性はバッチリです。

 

何故ならアレアティコには薔薇の香り成分、

ゲラニオールが豊富に含まれているので、

オランジェットの様な柑橘系の繊細さを、

持ち合わせているチョコとの相性が、

バッチリなんです。

 

写真の様にラ・メゾン・デュ・ショコラの、

オランジェットとアレアティコを、

組み合わせば確かなマリアージュが、

楽しめるでしょう。

 

 

オランジェット×高畠 嘉スパークリング オレンジマスカット

参照元http://muse-bacchus.com/

オランジェットは、

スパークリングワインとの相性もバッチリです!

 

高畠ワインからリリースされている、

高畠 嘉スパークリング オレンジマスカットは、

さっぱりとした泡の発泡感が特徴的で、

オランジェットの甘さと絶妙にマッチします。

 

ぶどうオレンジマスカット種を原料にした、

嘉スパークリング オレンジマスカットは、

オランジェットと爽やかなマリアージュが楽しめます。

 

甘口のスパークリングワインと、

オランジェットの組み合わせは、

バニュルスやポートワインとは違う、

新しい発見が見つかる組み合わせですね。

 

 

ナッツ系チョコと合うワイン

参照元http://iewine.jp/

ピーナッツが入ったナッツチョコ以外にも、

カシューナッツやマカダミアンナッツなど、

個性の強いナッツを含んでいても、

ワインと相性が良いナッツチョコはたくさんあります。

 

ナッツの味や特徴と合うワインは、

どんな種類のワインなのかを紹介しましょう。

 

 

ナッツ系チョコ×デルガド スレタ モンテアグリード

参照元http://winepressjapan.com/

デルガド スレタ モンテアグード シェリー

アーモンドやカシューナッツの、

ナッツ系チョコにおすすめなワインは、

デルガド スレタ モンテアグード シェリーです。

 

甘口なシェリー酒なので、

本来はナッツ系チョコではなく、

ナッツ単体との相性が良いと言われています。

 

ビターなナッツ系チョコより、

ミルクチョコでコーティングされた、

ナッツ系チョコとの相性が良いでしょう。

 

 

ナッツ系チョコ×フィンカ・ラ・エスコンディダ・マルベック

セブンイレブンで手軽に買える、

コンビニワインの代表格として、

高評価を得ているワイン、

フィンカ・ラ・エスコンディダ・マルベック

 

ズッシリと重い甘さが味わえる、

カシューナッツが詰まった、

ナッツ系チョコと相性が良い白ワインです。

 

フィンカ・ラ・エスコンディダ・マルベックは、

シャルドネで作られたアルゼンチン産の、

白ワインでタンニンも控えめな、

さっぱりとした飲み口が特徴です。

 

酸味も少ない爽やかな風味の白ワインなので、

グアムやハワイ産ナッツ系チョコと、

合わせやすいワインですね。

 

 

ビターチョコと合うワイン

参照元https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

ビターチョコこそワインと最も相性良く、

マリアージュが楽しめるチョコではないでしょうか?

 

ココアパウダーや乳成分など、

加工された要素が少なく、

カカオの風味をしっかりと味わえる、

ビターチョコはタンニンが多く含まれた、

ヘヴィーな赤ワインや辛口な赤ワインと、

しっかりとマッチします。

 

チョコとワインのタンニンを、

楽しみたい時はビターチョコと、

重厚な赤ワインの組み合わせが、

おすすめですね。

 

 

ビターチョコ×パライソシラー

参照元http://blog.kitadaya.co.jp/

タンニンも豊富で重厚且つ、

上品でまろやかな味が楽しめる、

カリフォルニアワイン パライソシラー(写真 左から2番目)は、

カカオたっぷりなビターチョコとの相性がバッチリです。

 

ビターチョコでコーティングされた、

果実系チョコとも相性バッチリですし、

貴腐ワイン入りチョコレート、

レザン・ドレ・オ・ソーテルヌと、

パライソシラーの組み合わせも、

注目されています。

 

ボルドーワインとビターチョコは、

糖分の配合が似ているため、

相性が良いと言う意見もありますが、

ヘヴィなシラーワインとビターチョコも、

同じ様にチョコとワインを相性良く、

楽しめる組み合わせとなるでしょう。

 

 

ビターチョコ(テリーヌ・ドゥ・ショコラ)×
ジンファンデル・ドライクリーク・ヴァレー(赤)

フランスはカカオバリー社の、

クーベルチュールを用いて作られた、

テリーヌ・ドゥ・ショコラは、

ジンファンデル・ドライ・クリーク・ヴァレーと、

合わせて食べるのがおすすめです。

 

クーベルチュール以外にも、

6種類のスパイスをブレンドして、

作られたテリーヌ・ドゥ・ショコラは、

ビターな味わいのチョコであるのはもちろん、

芳醇なアロマも楽しめるチョコです。

 

そんな複雑な味わいと香りを持つ、

テリーヌ・ドゥ・ショコラ同様、

ジンファンデル・ドライ・クリーク・ヴァレーも、

骨格のしっかりした飲み口と果実味や、

冷涼感を感じる上品なワインです。

 

テリーヌ・ドゥ・ショコラも、

上品でおしゃれなチョコなので、

ジンファンデル・ドライ・クリーク・ヴァレーと、

組み合わせれば、

至高のマリアージュが楽しめそうですね。

 

 

生チョコと合うワイン

参照元https://uds.gnst.jp/

ミルクチョコより甘く上品で、

高級感を宿している生チョコ。

 

ミルクチョコ同様様々な種類のある、

チョコの中でも極めて甘い部類のチョコが、

生チョコです。

 

ただ、生チョコの甘さを形成しているのは、

洋酒や生クリームを含んだガナッシュの影響が、

大きいためアルコールを若干含んだ生チョコも、

存在しています。

 

洋酒を含んだガナッシュ入りの生チョコとなれば、

ワインとの相性の良さは必然的に高まりますね!

 

 

生チョコ(宇治抹茶生チョコレート)×スパークリングワイン

参照元https://parismag.jp/

生チョコとスパークリングワインは相性が良く、

口の中で広がる生チョコの甘味を、

スパークリングの清涼感で、

覆い尽くすハーモニーが味わえます。

 

特にシルスマリアと辻利兵衛本店が、

コラボした宇治抹茶生チョコレートと、

辛口なスパークリングワインは相性バツグン!

 

外側は香りの強い抹茶と内側は、

苦味の強い抹茶で作られた生チョコなので、

抹茶のカテキンが活躍する抹茶生チョコと、

タンニンの控えめな、

スパークリングワインとのマリアージュは、

他とは別格と言えるでしょう。

 

 

生チョコ(ブランデーガナッシュ)×ディーキン エステート シラーズ(赤)

ブランデーガナッシュが含まれた、

生チョコと相性の良いワインは、

ディーキン エステート シラーズの赤がおすすめです。

 

ディーキンエステートシラーズは、

ミディアムボディのオーストラリアワインですが、

ドライな口当たりが特徴的です。

 

タンニンが控えめなので、

ビターな生チョコよりも甘みが多い、

生チョコとの相性が良いと言えるでしょう。

 

 

ホワイトチョコと合うワイン

参照元http://www.riedel.co.jp/

チョコやワインが好きな方の中でも、

ホワイトチョコが嫌い、苦手と言う方は、

かなり多いでしょう。

 

ホワイトチョコはチョコの原料である、

カカオマスが一切使用されておらず、

ココアバター、砂糖、ミルクを、

主原料として作られています。

 

カカオマスが一切使用されていない、

ホワイトチョコはチョコレートじゃないなって、

普通は思いがちですよね。

 

ただ、公正取引委員会がホワイトチョコを、

チョコレートと認定しているため、

カカオマスが使用されているミルクチョコや、

ビターチョコなどと同じ扱いです。

 

カカオマスが使用されていないホワイトチョコが、

ワインと相性良く味わう事ができるのか?

 

ホワイトチョコと合うワインは、

存在するのか?気になりますよね。

 

 

ホワイトチョコ×ピーターレーマン 貴腐セミヨン

苦みを全く感じないホワイトチョコは、

甘口ワインとの相性がとても良いです。

 

なぜならホワイトチョコには、

カカオが含まれていないので、

酸っぱさや渋みの元である、

タンニンが含まれていない白ワインが、

ホワイトチョコと良く合うと言われています。

参照元https://hamu-katsu-monji-yaki.blogspot.jp/

ホワイトチョコを好んで食べるなら、

ピーターレーマン 貴腐セミヨンを、

一緒に飲んでみるのがおすすめですね。

 

ピーターレーマン 貴腐セミヨンは、

貴腐ブドウで作られた白ワインであり、

甘口なデザートワインとして有名です。

参照元https://hamu-katsu-monji-yaki.blogspot.jp/

貴腐ブドウは付着したカビ菌の影響により、

内部の水分が蒸発し糖度が高まり、

芳醇な香りを放ち貴腐ワインへと生成されます。

 

さっぱりと甘く芳醇な貴腐セミヨンと、

濃厚でミルキーなホワイトチョコ、

甘さの種類は正反対ですが、

素晴らしいマリアージュが楽しめるでしょう。

 

 

ホワイトチョコ(カレ・ド・ショコラ マダガスカルホワイト)×
サンタ ヘレナ アルパカスパークリング ブリュット

森永から発売されているホワイトチョコ、

カレ・ド・ショコラマダガスカルホワイトと、

甘口なスパークリングワインで知られる、

サンタ ヘレナ アルパカ スパークリング ブリュットの組み合わせ。

 

スパークリングワインの発泡感が、

ホワイトチョコの濃厚な甘さと、

絶妙にマッチしています。

 

白のスパークリングワインであれば、

ホワイトチョコと相性が良いでしょう。

スポンサーリンク

あとがき×ワインと合うチョコレート19種類

いかがでしたか?

 

ワインと合うチョコレートを、

もっと探すなら知っておきたいコツがあります。

 

【1】酸味の強い白ワインとホワイトチョコレート(酸味も糖分も強い組み合わせ)
【2】ボールドな赤ワインとダークチョコレート(糖分の割合が似た組み合わせ)

ワインとチョコレートは、

どちらもポリフェノールが含まれています。

 

ワインにはタンニン、

チョコレートにはカカオと、

酸味や苦みを形成するポリフェノール。

 

ワインやチョコの味によっては、

タンニンが少ないワインやカカオが、

控えめなチョコなど様々です。

 

ワインとチョコを合わせて食べるなら、

タンニンやカカオの含有量に注意して、

選べば失敗することも少ないでしょう。

 

今回はワインと合うチョコレート19種類を紹介!

ミルクチョコビターチョコと合うワインも紹介しました!

スポンサーリンク